脂肪肝を治すには サプリ

MENU

「1日30品目」が脂肪肝を作り上げていた!?

脂肪肝の患者さんに日頃どんな食事をとっているか尋ねてみると、
「健康のために食事にとても気を使っている」「栄養バランスのいい食事を心掛けている」など、食事に気を使っている人が意外にも多いことがわかっています。
中には、「1日30品目食べていたのに・・・」という人もいるのです。

 

1985年に厚生省が発表した「健康づくりのための食生活指針」では、1日30品目を目標にすることが進められました。

 

しかし、30品目以上とっている人の多くは、エネルギー、脂質、タンパク質の摂取過剰であることが判明し、2000年にはその標語は削除されました。

 

ところが、削除されたことはあまり伝わらず、今も1日30品目を目標にして食事をとっている人がいるのです。

 

飽食の時代を迎えている今日では、呪縛から逃れることが必要です。

 

また、現代の日本人の食生活の特徴は、「高脂肪」「高エネルギー」になってしまっています。
食事が不十分で、栄養素が足りないことが問題だった「欠乏の栄養学」の時代から、食べ過ぎでバランスの悪い食事が問題の「飽食の栄養学」の時代へと、時代は大きく変化しております。

 

ところが、昔の「欠乏の栄養学」でいわれていたことが、今も日本人の頭にしみ込んでいるために、「健康のためにはたくさん食べなきゃいけない!」と思いながら、かえって健康を害している場合が少なくないのです。

 

日本人の間で1980年代から急速に脂肪肝が増加したのはその表れであるといえるでしょう。