脂肪肝を治すには サプリ

MENU

脂肪肝の概要と種類

■そもそも脂肪肝とは?
肝臓は栄養素を体内で使えるかたちにして、体内へと送り、余った分は中性脂肪として肝臓に貯蓄する働きをしています。
しかし、使うエネルギーよりもつくられた中性脂肪の方が多いと、残った中性脂肪は肝臓にどんどんたまっていきます。それが続き、肝臓の30%が脂肪化してしまった状態を「脂肪肝」と呼ぶのです。
「脂肪肝」自体はたいした病気ではありませんが、慢性化してくると「脂肪性肝炎」「肝硬変」「肝臓がん」へと進行する可能性があります。

 

■脂肪肝の種類
脂肪肝は大きく分けて2つの種類があります。
お酒が原因の「アルコール性脂肪肝」と、食べ過ぎなどの肥満が原因の「非アルコール性脂肪肝」です。

 

@アルコール性脂肪肝
お酒の飲みすぎによって、肝臓に中性脂肪が蓄積した状態。
通常、アルコールが体内に入ると、肝臓で解毒され最終的に対外へ排出されます。
しかし、肝臓が正常に作用しなくなると、この解毒がスムーズにいかなくなり、肝臓に中性脂肪が溜まっていってしまいます。

 

A非アルコール性脂肪肝
食べすぎなどによる肥満で、肝臓に中性脂肪が蓄積した状態。
食べすぎにより肝臓に大量の栄養素が運ばれるのですが、多すぎて栄養素の分解が追いつかなくなってしまいます。その上、運動不足により体内で使われる量も少ないので、結果として肝臓に中性脂肪がたまっていってしまうのです。

 

また、肥満や糖尿病の人は血糖値を上げ下げする作用のあるインスリンが正常に作用しなくなるため、肝臓に中性脂肪がたまりやすく、脂肪肝になるともいわれています。